みんなのプログラミング学習方法

プログラミングって難しい?ベテランプログラマに聞いてみた

14歳にプログラミングをはじめ、現在46歳でバリバリの現役でプログラミングをされている方にプログラミング学習と、学んだことの活かし方について聞いてみました。

プログラミングって難しい?ベテランプログラマに聞いてみた

%e3%83%92%e3%82%b1%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9e

どのくらいの期間、プログラミングを学習して就職(もしくは最初の案件)ができましたか?
既にマスターしていたので、「就職のために」ということでプログラミングの学習はしませんでした。
どんな方法で就職先(もしくは最初の案件)を見つけましたか?
当時通っていた大学の就職課にある求人票です。
就職(もしくは最初の案件)をしてみて自分に足りないと思った知識・技術はありますか?
「プログラミング」は「システム開発一工程に過ぎない」ということを知りました。
設計、開発、テスト等々、すべてが出来ていませんでした。いわゆる「システムエンジニア」になるには道のりは長いことを痛感しました。
一緒に働いている人(働いたことがある人)はどんな方法でプログラミングを学んだ人が多いですか?
入社研修で最初のプログラミング言語を学び、あとはクライアントの要望に応じて、言語を実地で学びながら開発に従事する…という方がほとんどでした。
プログラミングの学習のコツを教えてください
どの言語にも言えることですが、本質的には「順次処理」「分岐処理」「繰り返し処理」を覚えることです。
ただ、最初はこれらの処理を身につけるのが難しいかもしれません。

難しいと感じてプログラミングをやめてしまうのはもったいないので、画面表示や音の出る命令などを最初に覚えると楽しく学ぶ事ができます。

お勧めの言語はありますか?
まずはC言語かCOBOLだと思います。
その言語を選んだ理由を教えてください
スマートフォンからでもインターネットに接続できる昨今、HTMLやPerl、Java等のweb系の言語が注目されますが、IT業界の歴史上、現状は大手企業や官公庁、公共施設等では今でもCOBOL系のシステムが多く稼働しています。

まだまだ多くの業務案件が存在しますし、上述した「順次処理」「分岐処理」「繰り返し処理」等のアルゴリズムの基礎を学ぶことができるので、地味ですが「COBOL」や「C言語」を学んでおく方が後々のために有利です。

おすすめの学習方法を教えてください
手っ取り早いのは自分で本を買い、自宅のパソコンで学ぶ事ですが、よほど興味のある人でないと独学は難しいと思います。
独学では、わからなくなったときに聞く人がいないですし、一生懸命に勉強したけど実務では全然使わないものだったりする場合があります。

めんどくさくなったらそのままやらなくなる可能性もあります。独学はお尻を叩いてくれる人もいませんからね。。
独学でやっていく自信のない人は街のパソコン教室や資格スクールを利用してもいいでしょう。

また、私の若い頃にはありませんでしたが、動画でC言語を学べたりもします。

有料ではありますが、コメント欄など講師の方と活発なやりとりがあるので、購入前に参考になると思います。
動画などを利用して学習するのも今の時代に合った学習方法だと思います。

おすすめの書籍やWebサイトを教えてください
プログラミング言語は「プログラミングを行うためのソフトウェア」今風に言うと「プログラミングを行うためのアプリ」が必要になります。この「アプリ」がCD-ROMなどで付属している書籍を選びましょう。
Mac,Winどちらを使用されてますか?理由も教えてください。(どちらも使用されている方は比率を教えてください)
Windowsを利用しています。OSの違いによって決定的な影響を受けるのは、一部の上級者か専門性を要する業務をする人だけです。
一般的な業務、趣味等で使用するのであればどちらでも差支えはないと思っています。
私自身は特に強いこだわりはなく、Windowsの方が手に入り易いのでWindowsを使っています。
色んな著名人がプログラムを学ぶべきと言っていますが、ぶっちゃけプログラムは学ぶべきだと思いますか?
思いません。
理由は、「将来の糧にする」とか「興味がある」といったことでないと継続できる分野ではありません。
「やるべき」という動機でできるモノではないと思います。
誰が言ってるからやるとかっていう感じではなく、好きな人はもうはじめてしまっていると思います。
独学で挫折する人が多いと聞きますが、挫折はありませんでしたか?
私は「好き」で始めましたので挫折はありませんでした。
このくらいでないと続かないと思います。
挫折したとき、挫折とは言わないまでもうまくいかなかったときの対処法はありますか?
挫折はありませんでしたが、エラーの修復に時間が掛かってイライラすることはよくありました。

そんな時は「食事する」「別の仕事をする」「そのプログラムは次の日に回す」など、要は「時間を置く」ようにしています。
時間を置くと、見えなかったモノが見えて来たり、気付かなかった発想が出て来たり、良い効果を得られることが多いです。

プログラマとしてプログラミングの技術以外にあったほうが望ましいことはなんでしょうか?
よくいわれることですが、コミュニケーション能力ですね。
上級プログラマやシステムエンジニアになるほど、大型案件、複雑案件を請け負うようのなるほど、「クライアントが求めるモノ」の理解力が必要になってきます。

「技術一辺倒」では「中級プログラマ」の殻から抜けだすことが出来ません。

こんなプログラマと一緒に仕事がしたい!こんなプログラマとは一緒に仕事はしたくない!というのがあれば教えてください
他の職業と一緒だと思いますが、システム開発も「チームプレイ」ですので、我の強すぎる人物とは組みたくありません。

トップクラスの技術力を持っていなくてもIT業界では生きて行けます。
仕事は「コミュニケーション能力と技術力のバランスが取れている人」としたいです。

以上になります。
ベテランプログラマへのインタビューでした。

追加でのインタビューも検討しております。

もし、プログラミングについて聞いてみたいことがあれば、コメント欄に書き込んでいただくかお問い合わせまでお願いします。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top