みんなのプログラミング学習方法

IT業界へ転職!定着率96%のホワイト企業

次々に新しい技術が誕生、そして世の中のトレンドも日々刻々と変化する流れの激しいIT業界。
そんな中での中心的存在といえるのがエンジニアです。

また、一時は不況の煽りを被り停滞していましたが、ここ数年ではIT業界の需要拡大に伴い、有効求人倍率は右肩上がりの状況となっています。

一方で、少子高齢化に伴う人口減少の影響なのか、どの業種で人員を確保するのが難しい状況にあります。

IT業界においても同じで、人手不足が慢性的に深刻化しており、求人倍率の上昇に反して人員不足が広がり、それが激務に繋がっている状況は否定できません。

そういった情勢の影響を受けてついには、ブラック企業、あるいはホワイト企業といった言葉が誕生、誰しもホワイトな企業で働きたいという強い思いが芽生えているのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが株式会社ASLという企業です。

株式会社ASLの定着率は何と96%!!

激務といったイメージが強いエンジニア業界の中で、株式会社ASLの定着率は何と96%を誇ります。

定着率が高いという事はそれだけ働きやすい環境が整っているという判断材料になります。

それでは具体的な環境や優遇面についてご紹介します。

まずは、自分のスキルに合った案件をコーディネートしてくれる事です。

このため、自分のレベルに合わせて仕事が出来るために、レベルアップしながら仕事をこなす事が可能です。

スキル以上の仕事を与えられても、こなせなければそれはプレッシャーになってしまい働きにくいです。

また、激務といわれるこの業界において、月平均の残業時間は15時間程度となっています。
終業後には飲み会に出掛ける事もあるようで、社内全体においてメリハリのある仕事をこなす傾向にあると感じます。

さらには、リフレッシュ休暇5日や産休・育休制度も用意されており取得実績もある、さらには上場企業並みの福利厚生の充実など、ライフワークバランスがしっかりしている環境といえます。

そして気になる給与面では、売り上げは前年度比2倍と着実に業績を伸ばしており、ボーナスは年2回に加え業績賞与も支給されるなど社員にしっかり還元されているのも見逃せません。

こういった働きやすい環境が整っているからこそ、定着率の高さに繋がっている要因といえます。

過労働がとりただされている今の世の中、こういったホワイト企業へ転職する事が、時間の有効活用にもつながり、最も得策といえるのではないでしょうか。

株式会社ASLへの応募はこちら>>株式会社ASL

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top